日光市地域の公共施設を管理する(一財)日光市公共施設振興公社のサイトです

温泉施設
日光市温泉保養センターやしおの湯

ご利用案内

11月19日より露天風呂が改修工事のため休止になります。(12月末までの予定)
日光市温泉保養センターやしおの湯 外観
日光の山ふところにいだかれた名湯 やしおの湯

●営業時間

午前10時~午後9時まで(入館受付は、午後8時30分まで)
1月2・3日は、正午~午後5時まで

●休館日

毎週木曜日(木曜日が国民の祝日にあたる場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月1日)


●ご利用料金

  入浴料
日光市民 市外にお住まいの方
一般(中学生以上) 300円 510円
65歳以上 200円 340円
小学生 150円 250円
乳児 無料
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び日光市公共施設使用料免除カードをお持の方は、無料でご利用いただけます。

●割引

スタンプカード 入場毎にスタンプを1個押します。10個で1回の入場が無料になります。
カード発行日より一年間有効です。
かたくりの湯と共通でご利用いただけます。

●お得な回数券(日光市外にお住まいの方は、お取り扱いできません。)

  6枚綴り
一般(中学生以上) 1,540円
65歳以上 1,030円
小学生 770円

●お問合わせ

日光和の代温泉 「やしおの湯」
〒321-1447 栃木県日光市清滝和の代町1726-4
電話 0288-53-6611
日光市温泉保養センターやしおの湯大浴場 日光市温泉保養センターやしおの湯露天風呂 日光市温泉保養センターやしおの湯ロビー

泉質・効能

●泉質

アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性低温泉)

●効能

無色透明無臭で含まれる成分が薄く刺激が弱いため、入り心地がよく利用範囲は広い。高齢者向き。病後回復期の静養、手術後の療養、骨折・外傷後の療養によい。古来から「神経痛の湯」など名湯が多い。
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき
慢性胃腸病、痔症、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進

●温泉成分

  湧出地における試験成績
調査試験日 平成18年2月21日
泉温 39.4℃
水素イオン濃度 9.5
知覚的試験 無色透明、無味、微硫化水素臭
  試験室における試験成績
調査試験日 平成18年2月27日
密度 0.9985
水素イオン濃度 9.56
蒸発残留物 243.4mg/kg
成分総計 0.277g/kg

試料1kg中の成分及び分量(mg)

陽イオン 陰イオン 遊離成分
水素イオン(H+) 0.0 フッ素(F-) 18.4 非解離成分
ナトリウム(Na+) 88.2 塩素(Cl-) 44.6 硫酸(H2SO4) 0.0
カリウム(K+) 0.5 硫化水素(HS-) 0.6 メタ亜ヒ酸(HAsO2) 0.0
カルシウム(Ca2+) 2.4 硫化物(S2-) 0.0 メタケイ酸(H2SiO3) 40.7
マグネシウム(Mg2+) 0.1 硫酸水素(HSO4-) 0.0 メタホウ酸(HBO2) 0.0
マンガン(Mn2+) 0.0 硫酸(SO42-) 12.6 40.7
第一鉄(Fe2+) 0.0 メタ亜ヒ酸(AsO2-) 0.0 溶存ガス成分
第二鉄(Fe3+) 0.0 炭酸水素(HCO3-) 44.6 遊離二酸化炭素(CO2) 0.0
銅(Cu2+) 0.0 炭酸(CO32-) 22.5 遊離硫化水素(H2S) 0.0
鉛(Pb2+) 0.0 メタケイ酸(SiO32-) 0.0 0.0
アルミニウム(Al) 0.0 メタホウ酸(BO2-) 1.0 その他微量成分
カドミウム(Cd2+) 0.0 水酸化物(OH-) 0.5 総水銀 0.000
クロム(Cr3+) 0.0 臭素イオン(Br-) 0.0 総ヒ素 0.00
    リン酸(PO43-) 0.0    
91.3 144.9    

施設の概要

●所在地
栃木県日光市清滝和の代町1726番4
敷地面積 10,608.67
建築面積 1,280.08
延べ床面積 1,200.83
構造 鉄骨平屋造り

●主な施設
浴室(男女) 114.65
  大浴槽(男) 28.10
  大浴槽(女) 29.70
低温サウナ(男女) 各9.30
露天風呂(男女) 各15.40
交流室(和風休憩室) 155.72
ロビー(洋風休憩室) 155.84
食堂、売店、事務室、機械室、その他
駐車場 77台収容

大浴場 露天風呂 ロビー 休憩室 建物全景